オンライン診療、銀座 築地 耳鼻咽喉科 内科、東京の慶友銀座クリニック

慶友銀座クリニック

慶友銀座クリニック

東京都中央区築地 1-13-11 高橋ビル2階
03-3542-3387

初診案内

初診案内

初診案内 電話オンライン診療スタート≫

電話オンライン診療スタート

診療)月~金+祝日 休診)土日 各種保険対応
受付) 午前部9:30~13:30 午後部15:00~18:30

●受付時間内に直接お越し下さい(電話予約も可能です)。
●問診票を記入して頂きます。
●スタッフが病状をお伺いし、診察前に検査をして頂くことがあります。
●診察後、大型自動精算機にて精算します。

複数の医師が在籍しており、予約が無くても受診可能です。
診療所の混雑状況はこのサイトからご覧になれます。

問診票をダウンロードし、予め記入してからご来院して頂きますと、受付がスムーズになります。

<お持ちいただくもの>
健康保険証 お薬手帳(お持ちの場合)
公費受給者証(乳幼児医療 後期高齢者医療受給者証等)
医療機関からの紹介状




新型感染症期間での電話オンライン診療(初診/再診)開始

新型感染症期間での電話オンライン診療(初診/再診)開始

オンライン図

【再診】初診は下にあります

対象は当院診察中の患者様です。予約必要無・随時応需。フォロー中の病気以外にも医師の判断により対応可能(向精神薬等は除く)。医師が直接診察必要と判断した場合、対応出来ない可能性があります。

① 当院に電話 専用03-3524-8681(診察時間内)

② 電話で本人・保険証・希望の薬局名・電話番号等確認

③ 医師の電話診察及び処方(担当医は指定できません)

④ 当院指定の入金方法で患者様が入金し、当院にて入金確認

⑤ 希望の薬局へ当院より処方箋をFAX※及び後日郵送

⑥ 患者様が電話にて薬局に確認後、医薬品を取りに行く

<再診料金>

処方有無\負担割合 3割 2割 1割
処方あり ¥430 ¥280 ¥140
処方なし ¥220 ¥150 ¥70

※処方箋有効期限は発行日含め4日間。薬局への郵送代100円(税込:切手代+備品代)

【初診】

対象は緊急性のない耳鼻咽喉科及び一般内科(完全予約制)。お薬は7日間分のみ処方。新型感染症疑いの方は診察できません。医師が直接診察必要と判断した場合、対応出来ない可能性があります。

① 当院に電話 専用03-3524-8681(診察時間内)

② 当院の指示により保険証等、メール又はFAX(03-3542-3883)

③ 当院に患者様が連絡して、診察予約(専用03-3524-8681)

④ 予約日時に当院から患者様に連絡

⑤ 医師の電話オンライン診察及び処方(※担当医は指定できません)

⑥ 当院指定の入金方法で患者様が入金し、当院にて入金確認

⑦ 希望の薬局へ当院より処方箋をFAX※及び後日郵送

⑧ 患者様が電話にて薬局に確認後、医薬品を取りに行く

<初診料金>

処方有無\負担割合 3割 2割 1割
処方あり ¥850 ¥560 ¥280
処方なし ¥640 ¥430 ¥210

※処方箋有効期限は発行日含め4日間。薬局への郵送代100円(税込:切手代+備品代)

「新型コロナウィルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱について」に関する医療機関での診察におけるメリット・デメリット及び急変時の対応

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に対する時限的な措置により、通信システムを使った遠隔診療による電話・オンライン診療(初診及び再診)を慶友銀座クリニックにて令和2年4月より行っております。当院所属の医師は、理事長及び副院長含め10名以上が、厚生労働省指定のオンライン診療研修修了書を取得しています。

また理事長は、(社)日本遠隔医療学会の古参会員であり、25年前に日本産業衛生医学会総会にて、はじめてオンライン診療を発表し、米国にて人工知能画像システムの特許を取得(米国特許 US7676372B1)するなど、オンライン診療の日本の先駆者です。当時発表したときは、官庁の担当者から、よくわからいけど未来の話だねといわれて変に感心されたというのを理事長は覚えているそうです。また理事長は、平成8年に大学の派遣にて、沖縄の与那国診療所に所長として短期間ですが勤務(ドクターコトー?)しました。与那国島では、電話回線を用いてはじめてインターネットを開通させ、島の方達にびっくりしてもらったのがいい思い出だそうです。

また慶應義塾大学医学部公衆衛生学研究会の北海道紋別郡白滝村(現遠軽町)での巡回検診の隊長として学生達とボランティア活動を行いました。このように理事長は米国でのオンラインの技術開発だけでなく、北海道の無医村地区と沖縄の離島での遠隔医療の実地経験もあります。このように理事長は、オンライン・電話による診療の未来と限界がわかります。それを踏まえて診察し、当院での診療態勢にて責任をもって治療します。

このような経験から、患者様の利便性及びニーズも考え、当院ではスマートフォン(スマホ)をうまく使えない老人の方でも簡単に御利用頂けるように、まずは電話のみ対応といたしました。診察は予約制ですが、まずお気軽に電話をおかけください。患者様には事前に当院へ保険証や問診票のFAX(又は保険証の確認の為の写メール)が必要です。遠隔診療になり、対面診察ではないので検査などは出来ません。また専門の医師が担当しますが、医師の指定はできないことをご了承下さい。症状によっては遠隔による電話・オンライン診療不可能な場合もありますのでご了承下さい。また一部のお薬(麻薬、向精神薬、睡眠薬、抗不安薬等)は処方できませんのでご留意下さい。

メリットは、一番は院内感染の防止です。当院へのアクセスによる感染を防止できます。移動時間も短縮につながり、交通費も節約できます。患者さんに接する時間が多くなり、実際に患者さんと対面する「いわゆる3分診療」より診察時間が長くなり、患者さんにもメリットがあるとの意見もあります。理事長である大場俊彦の感覚では、オンライン診療の場合、長く患者さんに接する(画面上等で話す)時間が多くなるのは、オンライン診療による情報が対面診療に比べると明らかに少ないので、診療情報を聞き出すために時間が多くなってしまうというのが本当のところでしょう。診察において、対面診療はオンライン診療に確実に勝ります。これをベースにオンライン診療をしなければなりません。経営上オンライン診療をすると、医療スタッフの削減、人件費抑制につながるとの意見もあります。当院はスマホがわからない老人の方でも受け付けているので、医療スタッフが15分ぐらい事務登録で時間をとられるので、当院では反対に人件費アップです。ちょっときついです。他院で一般的に行われているオンライン診療は、患者さんがスマホにアプリを登録し、クレジットカード、個人情報を登録し、診療情報も自分で登録するので、患者様には実はかなりの負担がありますが、医療側では事務員が本来行う業務を患者さんがやってくれるので楽です。しかし当院では、感染症防止の観点、弱者老人の方への感染防止の観点からオンライン診療を行っていますので、たとえ人件費アップでも事務員が患者さんに電話等のオンライン上で接し、患者さんにはなるべく負担がないようにしています。
デメリットは、電話やスマートフォン(スマホ)による遠隔診療による電話・オンライン診察時に、電波通信の状況によってはうまく双方向に認識できない可能性もあり、スマホによる患者様ご自身による映像撮影では、スマホに搭載される光源システム(特に口腔内は数カ所からの特殊な光源が必須)により、うまく疾患部を撮影できないという問題があります。これは光があたるか、あたらないかの問題なので、たとえ将来通信機能が上昇し5G・6G以上になっても、高精度のレンズを使っても暗部を撮影することはできません。例をあげると、口腔内は10万円以上する特殊なカメラを使って、なんとか撮影できるかどうかです。理事長の有名サイト(いびき体操)です。

これは10回撮影してやっと完成したものです。実は当院のきれいな女性歯科医師の先生をモデルにしようと思いましたが、口が小さく、結局理事長の大きな口を撮影してできたものです。でもよく見てください。口の中、舌の状態、扁桃腺とかよくみえないと思います。これが限界です。髭が濃いので、ちゃんとひげ剃りをして撮影してもらったのですが、髭だけが目立ち、口の中、のどちんこのあたりは、やっと見えるぐらいです。よって患者様がスマホで自撮りとなると、不可能です。また、当然遠隔診療になるので必要な検査が出来ないので診断材料が限定的になることです。

電話オンライン診察した結果、症状に応じ来院をお願いする、もしくは近医への御受診をお願いする場合もありますのでご了承下さい。お薬の処方日数に関しては初診の場合上限7日間となっています。電話・オンライン診察は新型コロナウィルス感染症の対策時限措置により開始したため、新型コロナウィルス感染症が収束後中止する場合もございますのでご了承の程よろしくお願い申し上げます。またできたばかりの規則なので、解釈等が次々と出てくるので、保険診療請求の面で複雑になっています。今回当院に関して耳鼻咽喉科及び一般内科の診療と致します。耳鼻咽喉科は当院に常時いますので、なるべく早くの診察が可能かと思いますが、内科に関しては内科医が週3日勤務しているので、そのときの対応となります。初診の場合は、検査ができない状態なのでどうしても限定的な診察になってしまい、今まで使用の服用薬の確認及びそれらに準じた治療・処方になることをご留意ください。以上により、当院が診断治療を行う疾患にはスマホを使ったオンライン診療において、電話に比較しての診療メリットはまず無く、不安定な画像をみることで誤診する可能性もあり、現在の緊急時によるアクセスが誰でも出来ると言うことより当院では、まず電話による診療を致しております。また電話が主ですが、場合に応じ診察に必要と主治医が考えた場合には、スマホによるビデオチャット等を用いたオンライン診察に変更することがあります。また緊急時には近医での受診を勧め、薬の副作用や痙攣を起こした場合は近くの医療機関及び救急の受診が必要となる可能性があり、それらについても指示します。患者様からよく質問がありますが、当院は、新型コロナウィルス感染症による時限的な取り扱いの場合、保険による診療代以外は、薬局への郵送料100円税込(内容;郵便代+備品代封筒等)のみ請求させていただいています。慢性・重症疾患等(てんかん等)に対する特別に決められたオンライン診療料を患者様から請求できる場合は、診療機関が独自に決めた保険外のシステム使用料(1000円~2000円前後)は月一回算定するオンライン診療料を算定するときのみ患者様に診療費と別に請求できます。なので診療機関により値段が違います。しかし新型コロナウィルス感染症による時限的な取り扱いの場合は、郵送料のみ患者様に請求できますのでご注意ください。なぜこのような間違いが最近あるかといいますと、以前は遠隔診療といっていたものが、言葉が変わり、スマホの診療は、つまりオンラインによる診療ですが、特定の慢性疾患等(例 てんかん)に対する月一回の算定のオンライン診療料と紛らわしく、新型コロナ感染症で医療現場も混乱し、拡大解釈している場合もあり、認識の誤差が出ているようです。

まとめ
●新型コロナ限定期間⇒遠隔での初診と再診OK⇒追加の保険外は郵送料(当院100円)のみ可
(医療機関から患者に連絡した場合は、通信費は必要時において実費請求可能:当院では電話を使った場合、電話の契約より電話代が数円以下と計算し、通信費は請求していません)
●オンライン診療料(月1回)⇒再診のみで慢性の決まった疾患(てんかん等)⇒追加の保険外のシステム料は医療機関により自由な値段設定OK 及び実費の通信費(医療機関から患者に電話した場合)も請求OK

参考:
・厚生労働省医政局医事課「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて
・メディヴァ社作成(R2・6/3更新)「新型コロナウイルスの感染対策としてのオンライン電話診療

お近くの薬局や医療機関は下記のサイトで調べることができます。

●東京都
東京都医療機関・薬局案内サービス(東京都福祉保健局)

●神奈川県
かながわ医療情報検索サービス(神奈川県健康医療局)

●埼玉県
埼玉県医療機能情報提供システム(埼玉県保健医療部)

●千葉県
ちば医療なび(千葉県健康福祉部)

●茨城県
いばらき医療機関情報ネット(茨城県保健福祉部)

●栃木県
とちぎ医療ネット(栃木県保健福祉部)

●群馬県
ぐんま統合型医療システム(群馬県健康福祉部)

●全国
医療情報ネット(厚生労働省医政局)


休日夜間医療機関情報

2020/5/5に作成しています。 変更ある場合ございますので、必ず確認の上ご受診ください。

東京都中央区

中央区休日応急診療所
東京都中央区佃2-17-8
03-3533-3136
診療科目/内科・小児科
診療時間/土曜日17:00~22:00 日・祝日・年末年始9:00~22:00
京橋休日応急診療所
東京都中央区銀座1-25-3京橋プラザ2階
03-3561-5171
診療科目/内科・小児科
診療時間/日・祝日・年末年始9:00~17:00
日本橋休日応急診療所
東京都中央区日本橋久松町1-2
03-5640-2570
診療科目/内科・小児科
診療時間/土曜日17:00~22:00 日・祝日・年末年始9:00~22:00
中央区休日応急歯科診療所
東京都中央区明石町12-1中央区保健所内
03-3541-5420
診療科目/歯科
診療時間/日・祝日・年末年始9:00~17:00
日本橋休日応急歯科診療所
東京都中央区日本橋久松町1-2
03-5640-5256
診療科目/歯科
診療時間/日・祝日・年末年始9:00~17:00
平日準夜間の小児診療
中央区明石町10-1聖路加国際病院小児総合医療センター
03-5550-7040
診療科目/小児科※対象は中学生まで(15歳以下)の急病患者
診療時間/月~金曜※祝日、年末年始を除く19:00~22:00
(受付は18:45~21:45)

調剤

中央区休日応急薬局
中央区佃2-17-8
03-3533-5170
診療日時
休日:9:00~22:00
土曜日:17:00~22:00
日本橋休日応急薬局
中央区日本橋久松町1-2
03-5640-9856
診療日時
休日:9:00~22:00
土曜日:17:00~22:00

東京都港区

休日診療
休日(日曜・祝日・年末年始)の急病患者を対象に休日診療を実施。
みなと保健所内の休日歯科応急診療所と、休日診療当番医療機関で診察をしています。
診療科目/内科・外科・歯科
診療時間/日・祝日・年末年始9:00~17:00
(夜間)17:00~22:00※夜間は内科のみ
休日診療当番医療機関は、港区のホームページまたは広報誌参照
港区ホームページ https://www.city.minato.tokyo.jp/
◆小児初期救急診療
港区芝浦1-16-10社会福祉法人恩賜財団母子愛育会
総合母子保健センター愛育病院1階「みなと子ども救急診察室」
03-6453-7302
https://www.city.minato.tokyo.jp/hokenyobou/kenko/kenko/kyujitsu.html
http://www.aiiku.net/about/access.php
診療科目/小児科※対象は中学生まで(おおよそ15歳未満)
診療時間/<月曜から金曜>19:00~22:00まで(受付時間は19:00~21:30まで)
<土曜>17:00~22:00まで(受付時間は17:00~21:30まで) ※令和元年12月28日
(土曜)開始
◆夜間・休日
小児救急医療機関
休日の昼間と毎日の夜間(午後5時以降)に、入院を必要とする小児科の救急患者に対応しています。受診の際にはあらかじめお問い合わせください。
・東京慈恵会医科大学附属病院
港区西新橋3丁目19番18号
03-3433-1111
・国家公務員共済組合連合会虎の門病院
港区虎ノ門2丁目2番2号
03-3588-1111
・愛育病院
港区芝浦1丁目16番10号
03-6453-7300
・都立広尾病院
渋谷区恵比寿2丁目34番10号
03-3444-1181
・日本赤十字社医療センター
渋谷区広尾4丁目1番22号
03-3400-1311
・聖路加国際病院
中央区明石町9丁目1番
03-3541-5151
・慶応義塾大学病院
新宿区信濃町35
03-3353-1211
◆港区休日歯科応急診療所(港区口腔保健センター)
三田一丁目4番10号みなと保健所2階
03-3455-4927(休日のみ)

東京都江東区

江東区休日急病診療所
江東区医師会館内
江東区東陽5-31-18
03-3645-3109
総合区民センター内
江東区大島4-5-1
03-3637-4531
診療科目/内科・小児科
診療時間/土曜18:00~22:00(受付は18:00~21:30)
休日9:00~12:00 13:00~22:00
(受付は9:00~11:30 13:00~21:30)
休日歯科応急診療
江東区歯科医師会の協力を得て、日・祝日・年末年始の診療を行っています。
江東区のホームページを参照
診療受付:9:00~11:30 13:00~16:30
江東区平日夜間こどもクリニック江東区医師会館内
(江東区東陽5-31-18)
03-3645-3109
診療科目:小児科(中学生まで)
診療時間:月~金曜20:00~23:00(受付は20:00~22:45)
土曜・休日急病診療案内

※受診の際は必ず電話連絡の上お出かけください。
なお、健康保険証、医療証などは必ず持参しましょう。

※休日診療は、限られた人員で診療をする、あくまで応急的なものです。
後日、かかりつけ医か近隣の医療機関で医師の診察を必ず受けましょう。

救急車を呼んだほうがいいか判断に迷ったとき

東京消防庁救急相談センター(24時間対応・年中無休)
#7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)
ダイヤル回線電話やつながらない地域からは23区:03-3212-2323

東京消防庁救急相談センターでは、相談医療チーム(医師、看護師、救急経験者等の職員)が24時間年中無休で対応しています。
※緊急で病院に行く必要があると思ったときは119番を利用してください。


厚生労働省指定オンライン診療研修修了医
理事長大場俊彦(修了証登録番号202001173) 副院長髙木敏男(修了証登録番号202001137)
岡本康秀(修了証登録番号20201305) 遠藤理奈子(修了証登録番号202001356)
河野恵(修了証登録番号202001772)松延毅(修了証登録番号202001789)
田路正夫(修了証登録番号202001945)三谷美樹(修了証登録番号202002151)
渡部佳弘(修了証登録番号202002167)山本義孝(修了証登録番号202002350)
猪健志(修了証登録番号202002455)江原幸茂(修了証登録番号202003030)
三上慎太郎(202003522)
2020年7月13日 計13名



30日を超える長期処方について:

明細書発行体制等加算に対し明細書を無料発行しています。
午後6時以降の受付に関して夜間加算が発生します。(3割負担で追加150円)
午後6時30分以降の受付に関しては時間外加算が発生致します。
「30日を超える長期処方について」
病状・病態の安定している患者様には、長期処方の投薬を行う場合があります。長期処方を受けた患者様は、医師の指示に従い、お薬の飲み忘れなく、数量や投薬時間等厳守して下さい。病状に変化があった場合、服用を一旦中止し、当院を受診・連絡して下さい。医療法人社団慶友 慶友銀座クリニック 理事長 大場俊彦
緊急時の連絡先 慶友銀座クリニック☎0335423387診療日 月~金+祝日 休診 土日(年末年始)受付時間9:30-13:30/15:00-18:30 〒104-0045 東京都中央区築地1-13-11高橋ビル2階

オンライン診療(テレメディスン)NEWS

●大手電機メーカーが、東京都済生会中央病院とオンライン診療実現に向けた検証へ(アスキー 2020年7月20日)とのことです。音声入力や処方箋の受け取りや会計もオンラインで行うとのことです。ともかく最先端です。東京都済生会中央病院でもスマホ診を含めたオンライン診療の最先端が実現するかもしれません。当院には東京都済生会中央病院から毎日医師が耳鼻咽喉科や内科から派遣されています。派遣先の診療所としても何かお手伝いできればと考えています。

●大手証券会社の社内の診療所の診察をオンラインでできるようにするとのこと。国内の1万人以上社員が対象であり、会社所属の産業医がビデオ通話で診察するとのことです。(2020年7月17日日経新聞13面)会社側には社員のデータが検診情報含め存在し、理想的なオンライン診療と思います。実際は大手証券会社の方は、東京近郊に住み、自宅でテレワークを行えるという理想的な環境です。患者の診察を第一に行っている臨床医が、オンライン診療での診察の限界を痛切に感じているのに、社員の健康管理が第一の産業医がオンラインで臨床医並みに(産業医の経歴により様々ですが)診察を行えるかというのがまず疑問です。
産業医から他のオンライン診療を行う医療機関への連携が次の課題と思います。システム構築を考えるのであれば、企業に勤める患者は、最寄り?のオンライン診療所をネットで受診し、患者本人の必要な情報(検診結果等)を、オンライン診療医が産業医と連携をとりながら、会社側から情報を提供してもらうのが理想です。企業の社員の健康データを共有し、そこにオンライン診療医が会社から許可をもらいアクセスをして、必要時産業医からも情報をいただくというのが、一つの方法であり、これをするぞというだけでベンチャー会社は株価を上げるかもしれませんが、会社からのデータをもらわないといけないような患者さんの状態をオンラインだけで診察するということ自体がナンセンスだと考えるのが、一般の臨床医と思います。オンラインという概念を無視して、産業医学のデータを信頼できる機関で共有し、臨床医が必要時認証をとりながらデータを閲覧するようになればいいかなと思います。
また証券会社等は、実は海外赴任の方は少なく、商社にお勤めの海外赴任の方及び家族は、オンライン診療が是非必要と考えます。大切なのは、新型コロナ感染症で帰国できない、海外におきざりになった会社の社員と家族をオンライン診療でどうするかということだと考えます。ここは是非ともオンライン会社の方に、利益にはあまりつながらないと思いますがやっていただきたいです。

●2020年7月5日に実施された令和になってはじめての東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏が2回目の当選コロナ感染が増え続ける東京都で、東京都知事として、オンライン診療の必要性も考えていただきたいです。

●第24回日本遠隔医療学会学術大会及び第25回国際遠隔医療学会は当初群馬県高崎市にて開催予定でしたが、2021年2月にオンラインでの開催(インターネット上でのヴァーチャル開催・オンデマンド配信)に変更しました。遠隔医療学会ですから、ヴァーチャル開催ぐらいは簡単にできるはずですが、キーワードが遠隔医療からオンライン診療になぜか、業者の圧力により変わったので、資金面での苦労が予想されます。

●2020年7月20日 日本経済新聞「オンライン診療の初診適応の恒久化を、自民党行政改革推進本部が提言した」そうです。政治家の先生方は、医療とインターネットが結びつければ、なにかすごいことが起こるような、昔々アップルのマッキントッシュを見て興奮したような、時代錯誤の方も多いようです。先生方には、株価が一番関心事のコロナ関連業者の意見ではなく、オンラインに入れ込んでいる経済関連官僚の方々の圧力ではなく、是非医療現場を視察して、現場の声を聞いてほしいです。それが一番票に結びつくはずです。

●東京新聞
コロナで緩和 オンライン診療 対応の施設1.5倍拡大
2020年6月23日

●日本経済新聞
美容業界がオンライン診療 皮膚科・婦人科医ケア
2020年6月26日

●中日新聞
福井殿下にてオンライン診療開始 コロナで通院抵抗感
2020年6月27日

● 医薬品のネット購入の注意

Self-Medication(セルフ・メディケーション)は、WHOの定義では、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調に対しては自分で手当てすることです。このなんとも心地よい言葉が国民に浸透しつつあり、感冒薬をはじめ、花粉症・アレルギー性鼻炎に対しての抗アレルギー薬剤のOTC医薬品(一般用医薬品)が薬局・ドラッグストア等で、手軽に手に入ることができるようになりました。インターネットでも手に入るようになりました。消費者庁の報告によると、薬局・ドラッグストア・インターネットで購入できるかぜ薬等の(一般用医薬品)使用による副作用が疑われるケースが、2009年~2013年度の5年間で1,225件あり、うち15件が死亡に至ったとのことでした。花粉症の薬である抗アレルギー薬のインターネットによる処方?販売は、インターネット販売でもとても人気があります。なんといっても薬は常温だと腐るものは少なく、とても軽い紙製の小型ボックスに入っているおり、かさばらず、郵送代も安く手頃で、利益率も高いので、インターネットによる販売に商業的には薬剤はとても適しています。去年は効果があったので、今年も効果があると思って、大量に購入し、実は今年は効果が思ったより無く他の薬を使い、余ったり、添付文章に書いてある量と違う量を長期間にわたり使用してしまったり、去年まではなかったのに思いがけない副作用が出たレポートもあります。Self-Medication(セルフ・メディケーション)の流れで、お薬は自分自身が責任をもって買ったので自分の健康に対して責任は持たなくてはいけませんが、重い副作用は医療機関でしか対応できず、場合により生命にも関係する可能性もあり、適切なる購入及び服用がとても重要です。
個人輸入の代行のインターネットサイトでの花粉症に対する抗アレルギー薬を含めた薬剤の販売もあります。中にはほぼ闇サイトのようなものもあります。PL法(製造物責任法)が、医薬品の個人輸入に対して適用される可能性はとても低いです。個人輸入により購入したお薬を使用して、本人に副作用を含む健康被害が生じても、現行法では輸入者(販売者)の責任は問われにくい状態です。これにより偽造薬が蔓延している原因の一つです。購入者に対して副作用を含む健康被害が生じてしまっても、「医薬品・副作用被害・救済制度」の対象外になる可能性が高く、その場合は救済される可能性は低いです。日本においての医薬品の製造管理・品質管理は全世界のトップクラスで、国民に対して安全なるお薬を提供することにより日本国内の医療の質を守ってきました。個人輸入したお薬がちゃんとした真正品でも、日本国内では承認が行われていない薬・適応外の薬は、欧米人とは明らかに体格が違い・生活様式も違う日本に住んでいる人たちに対しての審査が行われていないで、有効性及び安全性に対しては不明です。

Ref)
医薬品のネット販売を安心して利用するために:政府広報オンライン
医薬品等の個人輸入に関するQ&A
医薬品等の自己処方から患者を守るには:抗アレルギー薬:手軽さと引き替えるには大きすぎるリスク Medical Tribune 2015年11月5日号

慶友銀座クリニック(東京都中央区)へのご通院地域

慶友銀座(けいゆう ぎんざ)クリニックは、耳鼻咽喉科(耳鼻科)・小児の耳鼻咽喉科・アレルギー・内科・レーザー手術(日本レーザー医学会認定施設)・いびき(睡眠時無呼吸症候群)を専門とする医師として、慶応義塾大学病院 耳鼻咽喉科(新宿区信濃町)、東京都済生会中央病院 耳鼻咽喉科(港区三田)、国立小児病院 耳鼻咽喉科(現在国立成育医療センター 世田谷区大蔵)で学んだ耳鼻科医療を、銀座・築地・新橋・汐留の皆さんのお立場に立ってご提供しております。終業後に赤坂や霞ヶ関、虎ノ門、内幸町、八重洲・東京駅周辺、地下鉄で日本橋・人形町・茅場町・八丁堀・明石町方面、勝どき・晴海・豊洲方面から来られる患者さまも多いです。東京地区だけでなく、全国からも来院なされます。月曜・金曜日を除き、内科の診療も行っております。禁煙外来も好評です。補聴器を扱っています。

医院名
医療法人社団慶友 慶友銀座クリニック 地図はこちら
診療日
月曜日~金曜日+祝日
休診日
土曜日 日曜日(GW及び年末年始)詳しくはこちら
受付時間
午前部 9:30-13:30 午後部 15:00-18:30
標榜科目
耳鼻咽喉科 アレルギー科 気管食道科 内科 小児科 歯科 歯科口腔外科
開設者
医療法人社団 慶友
管理者
理事長 院長 大場俊彦 博士(医学)
住所
〒104-0046 東京都中央区築地1-13-11高橋ビル2階
代表電話
03-3542-3387
交通アクセス
(日比谷線・浅草線) 東銀座駅(日比谷線)築地駅(銀座線) 銀座駅 (有楽町線)新富町駅 銀座1丁目駅 (大江戸線)築地市場駅
(JR山手線) 有楽町駅 新橋駅[汐留・銀座口]
(東京都都営バス)築地バス停(東京臨海線ゆりかもめ)新橋・汐留